美容外科の求人に採用されるための努力

病院での勤務は精神的な負担が大きかった

精神的に大きな負担を感じてしまう仕事に息苦しさを感じていたため、転職を考えていました。
病院で勤務をしていると、大きな病気と闘う患者さんの姿や一緒に戦っている家族の姿を見る事で、とても心苦しくなっていたからです。
仕事に行っている時だけではなく、家に帰ってからもその状況が頭から離れなくなってしまい、心が休まる暇もありませんでした。
そのような状況で働き続けていても笑顔になる事も出来ませんし、本来自分がしたい仕事をしているような気がしません。
そこで精神的な負担が少しでも軽くなるのではないかと考えたのが、美容外科で働く事でした。
美容外科の場合は普通の病院とは違い、命に直結しているような病気で訪れてくる人はいません。

まめちゃんの言う通りやね(・ω・`)
求人多いのは、みんな辛かったり労働に給与が見合わなかったり、何かしら理由あって辞めちゃうから人手不足になって求人増えるわけよなぁ🤔
私の友達ナースもうつになっても薬飲みながら笑顔と元気振る舞うの辛いって、美容外科行っちゃったし😅

— みこ@陽気なうつ病患者( ¨̮ ) (@LvxiEoOx6zvkiZu) 2019年6月6日
もちろん肌の悩みなど本人にとってはとても大きな悩みを抱えて来院してくるわけですので、苦しんでいる姿を見る事になるのは違いないともいえます。
しかし美容外科の場合は施術後にはみんな笑顔になってくれるという喜びが待っていますので、一般的な病院と比べての精神的な負担は軽くなるはずです。
そう考えると美容外科の求人を探して転職をする方がいいと思いました。
求人を探しているとほとんどは、土日も出勤というものでしたので迷いましたが、夜勤がないというのは魅力的でした。

病院での勤務は精神的な負担が大きかった | 美容外科への転職の為自分磨き | 事前準備をしていたため落ち着いて面接に挑めた